トップ

マンションの防犯カメラを

マンションにおける防犯カメラの実態

最近の防犯カメラの実態とは?

近年、建物内だけでなく街の中でもよく見かけるようになった防犯カメラ。犯罪の抑止力になるだけでなく、万一犯罪が起こってしまったような場合には防犯カメラの映像が決定的な証拠となるような場合も少なくありません。

最近では犯罪に対する抑止力と安心感を得ることができるという点から、防犯カメラの設置に対してポジティブな方が増えてきています。特に、マンションにおける防犯カメラの設置は、多くの方が出入りして住んでいる場所ということもあって支持を集めているのが現状です。防犯カメラの設置はマンション管理会社と相談しましょう。マンション管理会社について知りたいならこちら。

ある調査では、自分の住んでいるアパートやマンションに防犯カメラがあった方が安心という方が全体の8割程度を占めており、防犯カメラを自分たちの住む場所に設置して安心・安全な生活を送りたいという思いを持っている方は数多くいらっしゃると言えます。

実際、現在建っている築10年未満の分譲マンションには、そのほとんどに防犯カメラが設置されています。人の往来が多い玄関口、エレベーターの前や広間などの共用部分において、防犯カメラがいくつも設置されているという光景は、もはや珍しいものではないと言えますね。犯罪だけでなく、住民間におけるトラブル等の証拠映像としても防犯カメラの映像は有効に利用されています。

マンションに防犯カメラを設置する流れは、もちろん賃貸マンションでもより顕著なものとなっています。特に新築の賃貸マンションにはほとんどが防犯カメラ付となっていますし、現状設置されていない賃貸マンションにも少しずつ防犯カメラが設置され始めています。新しくアパートやマンションを建設する際に、防犯カメラの設置がほとんど必須になる日も、もうすぐそこまで来ていると言えるでしょう。